カンジタはなるべく早く治しましょう

カンジタの原因と対処方法について

カンジタの原因と対処方法について

カンジタは女性の性器周辺に起こりやすい病気のひとつで原因は真菌であるカビです。
菌自体は誰でも保有しているので問題はありませんが、免疫力がおちた時に異常繁殖した時に病気として診断されます。
ストレスや風邪など体が弱っている時や妊娠時などにかかりやすく、おりものが通常より増えるほかかゆみを伴う事もあります。
症状が悪化すると外陰部がただれたり、赤く腫れたりして触れると痛く感じます。
性行為で相手にうつされる可能性はそれほど高くありませんが何度もカンジタになる場合にはパートナーに確認する必要があります。
ピルの服用、またはほかに持病がありステロイドや抗生剤を常用している場合影響が考えられます。
カンジタはきちんと早期治療をすれば完治するので必要以上に心配することはありません。
症状が軽ければ自然に治癒する事もありますが、自覚症状などで疑いがある場合、婦人科に行き検査をしてもらい陽性と診断されれば薬を処方してもらいます。
膣内に入れる錠薬と塗り薬を併用することがほとんどです。
しばらく継続して治療を続ける事で治ることがほとんどですが、まれに長期化したときには薬の量や種類を再調整してもらいましょう。
再発を避けるためにも生活習慣を良好に保つ事が大切です。

カンジタ膣炎の特徴ってどんなものがある?

カンジタ膣炎とは、その字の通りの女性の膣とその周囲に症状が出る病気です。
特徴としてはかゆみや痛みがあります。
最初は「なんだか痒いな」くらいのものが、症状が悪化するとともに耐えることができないと思うほどのかゆみが襲ってくることがあります。
さらに特徴的なものとしては、カンジタになるとおりものが変化します。
酒粕やチーズのような白~薄い黄色のボロボロとしたおりものに変化するので、見た目にもわかりやすいものです。
カンジタ膣炎はもともと膣の中にいる原因菌が疲れやストレス、栄養不足などによって落ちてしまった免疫力の隙をついて増殖してしまったことが原因です。
他にも、病気で処方された抗生物質を飲んだことにより膣内の原因菌が増えないようにしていた乳酸菌が死んでしまったことも理由となります。
症状が軽度のものならば放っておいても自然治癒することがありますが、あまりにもかゆみやおりものが酷い場合には病院に行って治療を行うようにしましょう。
また、その際には性交渉を行うパートナーがいる場合には、パートナーにも症状が出ていないかの確認を行います。
男性に感染することはほとんどありませんが、発症してしまうかもしれないことを伝えておくと良いでしょう。

カンジタ治療をお考えの方に

原因と症状・治療から男性のカンジダまで、攻略のポイントをまとめています。

カンジタの予防